職員倫理綱領

基本理念

私たち社会福祉法人鹿児島県社会福祉事業団職員は,利用者個人の尊厳と権利を守るために確固たる倫理観をもって,利用者一人ひとりの自己実現と県民福祉の増進に寄与していくことを宣言します。

(生命の尊厳)

第1条 私たち職員は,利用者一人ひとりをかけがえのない存在として尊び,生命及び身体の安全を守ります。

(人権の擁護)

第2条 私たち職員は,利用者に対して一人ひとりの人間としての基本的な権利を守り,いかなる差別,虐待,人権侵害も許しません。

(体罰等暴力の禁止)

第3条 私たち職員は,利用者一人ひとりを尊び,身体的及び精神的暴力は絶対行いません。

(生活権の尊重)

第4条 私たち職員は,利用者の地域住民としての権利を守り,その人らしい豊かな安心のある生活が送れるよう自立を支援します。

(プライバシーの尊重)

第5条 私たち職員は,利用者一人ひとりのプライバシーを尊重し,個人の秘密を守り,利用者が安心して生活できるよう努めます。

(意見表明権の保障)

第6条 私たち職員は,常に利用者が自由に意見を述べられるよう配慮し,一人ひとりの意見や要望・苦情を大切に受け止めます。

(知る権利の保障)

第7条 私たち職員は,利用者が求める情報を積極的に提供するとともに,分かりやすい方法で説明します。

(自己決定権の尊重)

第8条 私たち職員は,利用者の支援にあたり,自らの意思で選択・決定する権利を尊重します。

(質の高いサービスの提供)

第9条 私たち職員は,福祉の専門職としてより高度な技術や知識の習得に努め,利用者が快適で豊かな生活が送れるよう質の高いサービスを提供します。

平成15年7月