沿革

昭和37年07月02日 社会福祉法人鹿児島県社会事業協会と社会福祉法人鹿児島県援護会が合併し,社会福祉法人鹿児島県社会福祉事業団設立
合併と同時に児童養護施設「霧島学園」,養護老人ホーム「慈眼寺寿光園」「日当山春光園」,婦人保護施設を鹿児島県社会事業協会から,児童養護施設「仁風学園」「若葉学園」,保育所「同胞保育園」を鹿児島県援護会から引き継ぐ
昭和39年04月01日 母子生活支援施設,宿所提供施設「県立郡元寮」並びに保育所「県立鹿児島みなみ保育園」を県から受託
昭和46年04月01日 仁風学園を鹿児島市三和町から鹿児島郡吉田町(現鹿児島市本名町)に新築移転
昭和47年03月31日 若葉学園を鹿児島市伊敷町から姶良郡姶良町に新築移転
昭和49年08月01日 日当山春光園を隼人町(現霧島市)に移管
昭和50年04月01日 鹿児島県社会福祉事業団職員互助会発足
昭和51年06月01日 身体障害者更生援護施設「県立ゆすの里」を県から受託
昭和53年03月16日 勤労身体障害者体育施設(県立ゆすの里内)を県から受託
昭和53年10月01日 知的障害者援護施設「県立川内自興園」を県から受託
昭和59年03月19日 養護老人ホーム「慈眼寺寿光園」を全面改築
昭和61年10月06日 宿所提供施設「県立郡元寮」廃止に伴い県からの受託解除
平成05年05月01日 知的障害者地域生活支援事業(グループホーム日笠山荘)開設
平成06年04月01日 身体障害者更生援護施設「県立ゆすの里」通所事業開始
平成07年01月01日 機関紙「飛翔」第1号発行
平成12年03月31日 児童養護施設「霧島学園」廃止
平成15年10月15日 「かごしま障害者就業・生活支援センター」を県立ゆすの里内に開設
(国及び県から受託)
平成16年04月01日 県から「鹿児島みなみ保育園」の移譲を受ける
平成18年04月01日 母子生活支援施設,県立ゆすの里,県立川内自興園の県立3施設 指定管理経営開始
平成18年10月01日 養護老人ホーム「慈眼寺寿光園」特定施設入居者生活介護事業の指定を受ける
平成18年10月01日 老人居宅介護等事業「訪問介護ステーション寿光園」を慈眼寺寿光園内に開設
平成18年12月01日 地域子育て支援センター「上町わくわくランド」を同胞保育園内に開設(鹿児島市から受託)
平成20年10月01日 老人デイサービス事業「デイセンター寿光園」を慈眼寺寿光園内に開設
平成21年02月27日 保育所「同胞保育園」の全面改築完了
平成21年04月01日 県から「川内自興園」及び知的障害者援護施設「川内厚生園」の移譲を受ける
放課後児童健全育成事業「同胞学童クラブ」を同胞保育園内に開設
平成22年04月01日 県から母子生活支援施設の移譲を受ける
平成23年03月18日 保育所「鹿児島みなみ保育園」の全面改築完了
平成23年04月01日 県から「ゆすの里」の移管を受ける
平成24年01月20日 児童養護施設「若葉学園」の全面改築完了
平成24年03月09日 「川内自興園」の全面改築完了
平成24年04月01日 「川内自興園」と「川内厚生園」が合併し、障害者支援施設「川内自興園」となる
平成25年11月01日 「かごしま障害者就業・生活支援センター」をゆすの里内から鹿児島市新屋敷町に移転
平成25年12月24日 地域子育て支援拠点事業「鹿児島市南部親子つどいの広場たにっこりん」を鹿児島市西谷山に開設(鹿児島市から受託)
平成26年01月06日 「ほくさつ障害者就業・生活支援センター」を薩摩川内市隈之城町に開設(国及び県から受託)
平成26年01月15日 特定相談支援事業所「あおぞら」を開設
平成27年04月01日 特定相談支援事業所「ゆす」を開設
障害児通所支援事業(放課後等デイサービス事業)「チャイルドクラブあおぞら」を川内自興園内に開設
ゆすの里で自立訓練(生活訓練)事業を開始
平成27年05月22日 「ゆすの里」の全面改築完了
平成28年03月18日 指定生活介護事業所「リハステーションゆす」の新築工事完了
平成28年04月01日 指定生活介護事業所「リハステーションゆす」を開設
平成28年06月01日 障害児相談支援事業を相談支援事業所「あおぞら」で開設