Loading...

先輩からのメッセージ

松田 みなみ

保育士
令和2年4月1日 入社
保育所 鹿児島みなみ保育園
松田 みなみ

スタッフインタビュー

Q.鹿児島県社会福祉事業団で働こうと思った理由、きっかけは?

A.中学生の頃から、児童福祉関係の仕事に就きたいと考えており、県内の大学に進学し児童福祉の分野を学びました。大学3 年の時に、児童養護施設仁風学園で実習をさ せていただき、そこで鹿児島県社会福祉事業団のことを知りました。地域との関わりを大切にしていることや、様々な福祉の仕事を経験できることに魅力を感じ、正規採用試験を受けました。

Q.現在の仕事のやりがいを教えてください。

A.現在、0 歳児クラスの担当をしています。1 年目で分からないことや不安なことが多い中で、試行錯誤の毎日ですが、自分の保育で子ども達が成長していく姿を近くで見ることができることにやりがいを感じています。

Q.仕事をするうえで心がけていることは何ですか?

A.子ども達の命を預かる仕事なので、子ども達の安全を一番に考えることを大切にしています。そのために、保育士間で情報共有や家庭との連携を図ることを心がけています。また、子どもたち 1 人ひとりの発達を大切にした保育も心がけています。

Q.将来の目標を教えて下さい。

A.多様な福祉の仕事を経験し、知識や技能を身につけ、利用者の心に寄り添い、利用者を笑顔にできる職員になりたいです。また、大好きな鹿児島を福祉の面で支え、鹿 児島の福祉をより良くしていく一員になることも目標の一つです。

Q.当事業団に就職を希望されている方へメッセージを!!

A.鹿児島県社会福祉事業団は、多種多様な福祉の仕事を経験することができます。様々な福祉の専門知識や技能を持った職員と関わることができ、 自分の個性も出しながら学びあい、スキルアップすることができることも 一つの魅力だと感じています。福祉の仕事に興味がある方、鹿児島で働きたい方はぜひ、採用試験を受けてみてください。

松田 みなみ
松田 みなみ

一日の流れ

(勤務例0歳児)
※子ども達は朝7時から随時登園し、早出の職員が対応します。元気よく挨拶をし、
視診、保護者からの伝達事項を受け、合同保育を行います。
09:15
出勤
合同保育で室内遊び、職員の人数に応じて戸外遊びをします。早出の職
員から伝達事項を聞きます。その後、クラスに分かれて活動します。
09:30
朝の間食(未満児のみ)、おむつ交換
10:00
保育計画に沿って活動を行います。
(玩具遊び、歌遊び、絵本読み聞かせ、風船遊び等)
11:00
給食準備、手洗い
11:15
給食、歯磨き
12:00
片付け、着替え、自由遊び
12:30
午睡
子ども達を寝かしつけた後、日誌記録、連絡帳記入、事務処理等を行います。
14:00
連絡会
各クラス事に連絡事項を伝え、職員間で情報共有を行います。
14:45
起床(おむつ交換、着替え、手洗い)
15:00
間食
お帰りの会(帰りの歌、帰りの挨拶等)
16:00
自由遊び、お迎え順に降園
18:00
延長保育
異年齢児保育を行い、保護者のお迎えを待ちます。
18:00
退勤